酒猫ブログ(「酒と猫の日々」改め)

日本酒と猫、そして時々は横浜情報を織り交ぜつつ。。。

須藤本家の酒粕クッキー「Voyage」

さて、昨日は須藤本家の日本酒「郷乃譽」の話をしましたが、

今日はお土産で一緒に買ってきてくれた酒粕を使ったクッキーの話です。

 

こんな感じのクッキーです。

 

f:id:baku1209:20190525145256j:plain

 

 

これが5個入りでかわいくラッピングされて入っていました。

 

小袋の中身は、こんな感じの分厚い系クッキーです。小さなコロンとしたクッキーが2個入っています。

 

 

f:id:baku1209:20190525150524j:plain

 

 

袋を開けるとふわっと酒粕のいい匂いがします。

柔らかめのサクッとした歯ざわりが心地よいです。

甘さと、それだけでなく塩味もあり後をひく味です。

ホームページによると日本茶・紅茶・コーヒーだけでなく「超甘口」のお酒とも合うとのこと、私はコーヒーと一緒にいただきました。

 

日本酒の原料にこだわっている須藤本家さんの関連商品ですから、もちろんクッキーの材料にもこだわっています。

酒粕はもちろん須藤本家の純米大吟醸の酒粕で、使われている米粉は100%茨城産なんだそうです。

 

 

あ、このクッキー、小麦粉は使われておらず米粉だけで作られているんですね。

小麦粉アレルギーのお子さんでもいけます。(卵は入ってますが)

 

作っているのは茨城県水戸市の「ルブラン」という老舗フランス菓子屋さんだそうです。

一応、、、こちらがルブランさんのサイトです。

http://www.leblanc.co.jp/index.htm

 

可愛くて美味しそうなケーキがたくさん並んでいて、テンションが上がりますね〜

ケーキの種類が結構多そうで、目移りしてしまいます^0^(遠いので行くことはないと思いますが)。

ケーキだけでなく焼き菓子やショコラ、ジャムなどいろいろ扱いがあるようですね。

 

クッキーにカリッとした塩味を感じたのですが、シチリア産岩塩がアクセントに入っているそうです。そっか〜

 

 

 

f:id:baku1209:20190525153355j:plain

 

こちらは日本酒の瓶に付けられていたものです。

 

これによると、、、

  • あの超セレブな列車旅ができる「四季島」でも使われている
  • 2016年の伊勢志摩サミットの夕食会でも使われている
  • 「茨城見学スポット22」にも選ばれている(後の21はどこなんだろう?)
  • 杜氏の高橋弘三さんは茨城県技能者賞を受賞されている

なんかすごいですね〜

 

ウィキペディアによると、須藤本家の創業は1141年(平安時代)よりも前なんだそうです。正確な創業年はわからないそうですが、1141年に酒醸造を祈願したときのお札が残っていて、だから創業はそれ以前ってことです。

 

現在の当主は55代目。。。って、55代ってスゴイ!

(2017年の情報として55代目とのことです。現在も同じだと思います)

日本に現存する企業としては9番目に古く、日本酒の製造会社としては最も古いんだそうです。

そして当主は代々「源右衛門」の名を襲名していて、代表者は「須藤源右衛門」さんです。(出生名は別にあり)

 

なんだか、ものすごい「老舗」ですね。。。

 

私もここの酒蔵見学、行ってみたいです。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村に参加しています。ぜひクリックをお願いします。